個人再生をしても、認可されない場合があるので

個人再生をしても、認可されない場合があるのです。個人再生をする場合には、返済計画案を出す必要がありますが、これが裁判所で認めてもらえないと不認可として扱われることになります。
もちろん、認可されないと、個人再生を行うのは無理です。奨学金の借り入れをする場合は保証人として親や親族が名を連ねていることが多いです。

しかし、債務整理をした人が保証人になると、そこがネックになって審査落ちすることもあります。保証人で悩んでいるのでしたら、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、まったく保証人を立てずに借入型の奨学金を申し込めるようになります。

月々の奨学金から保証料は分割で引かれるので初期負担の心配は不要です。

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。
ですが、身内の人が辛い思いをするという話は聞いたことがありません。

家族名義の財産が没収されたり、銀行のローンや借入ができなくなるようなことはありません。

ですが、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、家族にも大きな影響が及ぶと言えます。月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、債務整理を視野に入れ始めたところで手始めの弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。

頼れる担当者かどうか、この無料相談を通じてはっきりさせることが出来るはずです。

それから、公的機関として法律に関する問題をサポートしている法テラスでも相談を無料で受けることができます。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で判断材料となるのが個人信用情報で、そのデータには延滞状況のほか債務整理の履歴も記録されます。

このような記録があるうちは基本的に月賦払いや借入などはできません。もし自己破産をしたのでしたら裁判所で免責が決定してから、それ以外の方法で債務整理した場合では残りの債務を返済し終えた時から数えて事故情報として5年程度は記録が残ります。借金は踏み倒したらと友達に言われたけれど、それは無理だと考えて債務整理する事を決意しました。債務整理を実行すれば借金は減りますし、頑張れば返済していけると思いついたからです。
おかげで日々の暮らしが楽しくなりました。
一般に債務整理というものは種類があって、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、それと自己破産とがあります。

中でも個人再生と任意整理では、安定収入がある人というのが前提になっています。なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は債務の総額を減らすためのものであって、借金自体がなくなるわけではありません。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、収入が求められるのは当然でしょう。

できれば家族に秘密にしたまま任意整理して返済の負担を軽減するつもりでしたが、その時にはもう借金が増えすぎていて弁護士と相談して個人再生を行いました。車は引き上げられてしまいましたが、自宅を残すことができたのは嬉しかったですね。借金の負担が大幅に軽減されましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、スッキリした気持ちです。
任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、同じ債務整理でも自己破産とは違って、必ず返済しなければなりません。もしその返済の約束を破るようなことがあれば、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、それまでの延滞金を合わせた債務全額を一括返済するよう要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。

和解というのは約束ですから、きちんと守れるような生活をしていかなければいけません。あちこちに弁護士事務所がある中、債務整理を頼む所を選ぶのは困難です。
弁護士を選ぶ際のおすすめの方法としては、詰るところ債務整理を熟知していて、受任の実績がこれまでたくさんある所に委任するのがベストでしょう。法律事務所ならほぼ公式サイトがあるはずですので、債務整理の経験が大々的にサイト内に掲げられているかどうか注意してみるのはいい判断材料になるでしょう。

カテゴリー: 未分類